ジャムウスティック

ジャムウスティックってどんなもの?

ジャムウスティックは、女性のデリケートゾーンケアを目的として作られ、植物の葉やエキスなどの天然成分を、昔から伝わる伝統的な製法で仕上げたケアアイテムです。

ジャムウスティック

引用元:ピュアラバリ公式
(http://pure-la.net/jamu/ladysjamu/jamustick.htm)

商品名

ジャムウスティック(マズラ)

価格 2,800円

ジャムウがスティック状だから、膣内に挿入ができる

タンポンと同じくらいの大きさで、使い方も似ていて、膣内に挿入して使います。膣内の臭いをダイレクトにケアするアイテム。3日に1回くらいの使用頻度がベストです。使用方法やとり扱いに注意が必要なので、初心者さんにはあまり向いてないかもしれません。

ジャムウスティックは、インドネシアのマドラ島というところでは古くから使われていたもので、現地に自生している天然のハーブや海藻などをブレンドしてスティック状に固めています。スティックを水で濡らして膣内に入れて数十秒おくと、ジャムウ成分が浸透して膣内部の肌を整えたり、オリモノを減らしたりする効果があると言われています。

ジャムウスティックのメリットとデメリット

ジャムウスティックに挑戦したいという方に、メリットとデメリットを紹介しましょう。

ジャムウスティックのメリット

  • デリケートゾーンの臭いに効果がある
  • オリモノを減らしたり、生理痛を軽減する効果がある

ジャムウスティックのデメリット

  • 使用方法が難しい、または違和感がある
  • 乾燥や衝撃に弱く、折れてしまうことがある
  • 一部のショップ、インターネットサイトでしか手に入らない

初心者さんはスティックよりも石鹸がおすすめ

ジャムウスティックは、インドネシアではポピュラーなケアアイテムですが、日本ではまだそれほど浸透していません。デリケートゾーンの臭いだけでなく、オリモノの量を減らすなど、高い効果が期待できる反面、使用方法が難しく、使用しているうちにポキっと折れてしまうといった報告もあり、抵抗を感じる方が多いためです。一部のインターネットサイトなどでしか手に入らないという点もデメリットでしょう。

天然のハーブや海藻などが肌を優しくケアしてくれるジャムウ自体は、デリケートゾーンのケアアイテムとして適していることは確かなので、まずはスティックよりも初心者向けの「ジャムウ石けん」で試してみるのはいかがでしょうか。

ジャムウ石けんなら、泡立てて優しく洗うだけなのでどなたでも簡単に使用できますし、ジャムウの効果を存分に体感できるはずです。ジャムウの効果を試してみたいけれど、いきなりスティックには抵抗があるという方は、同じ成分を配合しているジャムウ石けんで毎日ケアしてみることをおすすめします。今回、ジャムウ石鹸がどんなものか知りたい方のために、1番価格が安かったジャムウ石鹸を使用、体験レポートしているのでぜひ、チェックしてみてください。