オイル

女性の体内から分泌されるおりものは、健康の目安となる大切なものです。膣内の環境を保って悪玉菌が増殖するのを抑えています。常在菌が雑菌を抑制するときに発生する臭いは正常なものですが、気になってしまう人は少なくありません。そのためデリケートゾーンを洗いすぎてしまい、乾燥を引き起こすケースも。乾燥はかゆみやかぶれといったトラブルにつながってしまいます。デリケートゾーンは保湿がポイントなので、オイルマッサージによるケアがおすすめです。

デリケートゾーンの臭いとおりものの関係

女性の身体にとって大切な「おりもの」は、膣口におりてくる粘液のこと。子宮内膜や子宮頚管からの粘液や、膣粘膜、皮脂腺などからの分泌液です。膣内ではがれた古くなった細胞も混ざっていて、乳酸菌の1つであるデーテルライン桿菌(かんきん)が含まれています。

そのため、膣内を酸性に保って悪玉菌が増殖するのを抑制する働きをしているのです。おりものは体内にある分泌液で作られていているため細菌があるような汚いものではなく、女性の健康の目安にもなります。デリケートゾーンの臭いを気にしている人は、おりものが臭うと感じるケースが少なくありません。

デリケートゾーンの乾燥に注意

正常なおりものは、乳白色をしていて粘り気が濃厚です。空気に触れると酸化して黄色く変色していきます。

参考:石川県医師会女性の健康ガイドブック(PDF)

常在菌によって雑菌を抑える作用とともに酸っぱい臭いが発生しますが、正常な働きで問題はありません。デリケートゾーンの臭いを気にしている人は、チーズのような生臭さに感じ必要以上に洗浄してしまうのです。デリケートゾーンの洗いすぎは、おりものが持つ自浄作用を弱めてしまうので、かゆみやかぶれも起こりやすくなってしまいます。デリケートゾーンを清潔に保つことは大切ですが、乾燥しないように保湿するようにしましょう。

デリケートゾーンにはオイルマッサージケアがおすすめ

フェイシャルのスキンケアで保湿不足だと乾燥によるトラブルが起こりやすくなりますよね。同じようにデリケートゾーンも保湿ケアが大切です。膣の内側は、年齢を重ねていくごとにエストロゲンが少なくなり、膣壁が薄くなっていきます。膣粘液に含まれるデーデルライン桿菌(かんきん)とともに上皮グリコーゲンも減少し、常在性乳酸菌による自浄作用が弱まってしまうのです。

そこでおすすめなのがオイルを使ったマッサージケア。保湿以外にも血行促進や膣粘膜を修復して弾力を与えるのに効果的です。

デリケートゾーン向けのオイル

デリケートゾーンには化学成分が配合されていない安全なオイルを選ぶのが大切なポイントです。膣のオイルマッサージには植物性の成分が適しています。アーモンドやマカデミアナッツ、アプリコット、マンゴーなどがおすすめ。実ができる植物の種子からとれるオイルは、膣の粘膜との親和性にすぐれていて相性が良い傾向があります。デリケートゾーン向けのオイルを選ぶときは、配合されている成分をチェックしてみましょう。

デリケートゾーンのオイルマッサージ手順

デリケートゾーンはやさしく手で洗うことがポイントです。小陰唇の間や大陰唇や、ヒダの裏側などはアカがたまりやすい場所なので、デリケートゾーン用のソープを使って丁寧に洗浄しましょう。

<膣マッサージの手順>

  1. 手にオイルをとり、膣のまわりの大陰唇、小陰唇、膣口に塗布します
  2. 揉み込むようなイメージでやさしくマッサージします
  3. 利き手の人差し指と中指にオイルをぬり、両方の指の第2関節を目安にゆっくりと膣内に入れます
  4. 指の腹を使って内側の膣壁にあて、ゆっくりと指を回すようにマッサージします

膣マッサージの目安は1分間ほど。痛みや不快感がある場合は、無理せずできる範囲で行うのがポイントです。オイルマッサージに慣れるまで少しずつ繰り返していきましょう。膣が柔らかくなってくると痛みや不快感もなくなってきます。