布ナプキン

デリケートゾーンの臭いが気になる女性にとって生理は悩みのタネです。生理用ナプキンの影響でデリケートゾーンが蒸れたりかぶれたりすることも。そこでおすすめなのが、肌に優しいといわれる布ナプキンです。雑誌で見かけて何となく知っているけれど、実際は布ナプキンがどんなものかよくわからないですよね。そこで、布ナプキンについて詳しく紹介していきます。紙ナプキンだとデリケートゾーンの臭いが気になるという方はぜひ試してみてください。

布ナプキンはデリケートゾーンに優しい

布ナプキンはコットン(綿)やリネン(麻)といった自然の素材で作られています。紙ナプキンは石油化学物資が材料になっているので、デリケートゾーンに刺激を感じることが。また、製造過程において異物が混入する可能性も否定できません。

参考: 厚生労働省:医薬部外品回収の概要

通気性の良い紙ナプキンも発売されていますが、あてていない状態と比較するとおよそ2倍もムレやすくなっています。また、吸収力に優れた紙ナプキンは便利な反面、取り替える頻度が下がり長時間あてたままというケースも少なくありません。蒸れた状態が続くことで、デリケートゾーンがかぶれるなどトラブルを引き起こすことも。布ナプキンは肌触りが良く通気性も高いので、蒸れやかぶれを起こしにくくデリケートゾーンに優しいといえます。

デリケートゾーンに対する保湿ケアの必要性

デリケートゾーンのケアで大切なのが乾燥からお肌を守ることです。デリケートゾーンが乾燥すると、お肌の抵抗力が下がってしまい皮膚常在菌のバランスに影響します。デリケートゾーンの臭いが気になるのは、雑菌が排出する老廃物が大きな原因です。皮脂常在菌のバランスが乱れると、臭いの元になる悪玉菌が増加することにつながってしまいます。雑菌が繁殖するのを防いでお肌の抵抗力を高めるためには保湿ケアが必要です。

生理中に紙ナプキンをあててデリケートゾーンがムレると雑菌が繁殖しやすくなります。ストッキングやタイツを重ねることでさらに蒸れやすい状態に。そのため、臭いが気になるからといって洗いすぎるとデリケートゾーンが乾燥してしいます。通気性の高い布ナプキンを使うことは、洗いすぎによるお肌の乾燥や蒸れて雑菌が繁殖するのを防ぐのに効果的です。

布ナプキンの種類

布ナプキンはおもに3種類あります。1つ目は吸収体が内蔵された「一体型」の布ナプキンです。軽い日用から多い日用までいろいろなタイプがあり、紙ナプキンと同じような感覚で使えるので初心者におすすめです。羽部分にボタンがついているので下着に固定して使えます。

2つ目は経血量によって吸水体を調整できる「ホルダー&パッド」の布ナプキンです。羽部分のボタンで下着に固定し、吸水体のパッドを乗せて使います。パッドのみを交換するので洗濯や持ち運びに便利です。肌面にはパッド固定用のヒモがついていてズレや落下を防げます。

3つ目はパッドではなくハンカチを使う「ホルダー&ハンカチ」の布ナプキンです。軽い日や多い日に合わせてハンカチの折り方を変えることで厚みを調整します。お肌に触れた面を折り返してきれいな面を使えるので、コンパクトに持ち運べることから利用者が多いタイプです。

布ナプキンと紙ナプキンの比較

  布ナプキン 紙ナプキン
デリケートゾーンへの影響 蒸れやかぶれが起こりにくい 蒸れやかぶれが起こりやすい
発生する臭い 血液の臭い 化学成分と反応した臭い
使用方法 繰り返し洗って使う 使い捨て
ゴミの量 出ない 取り替えるたびに出る
コスト 低い 高い
持ち帰り する しない

布ナプキンは自然素材で作られていて通気性が高いので、生理中のデリケートゾーンにも優しく使えます。紙ナプキンを使っていてデリケートゾーンの臭いが気になる人は、布ナプキンを試してみるのがおすすめです。蒸れや臭いが気にならず手軽さを優先したい人には紙ナプキンが向いています。