膣内洗浄アイテム

膣内洗浄アイテム「使い捨てビデ」って何?

長引いている生理を早く終わらせるのに効果的だとされている、使い捨てビデ。生理の終わりかけなどで、経血が残っていたり、酸化したようなつーんとした臭いが気になる…という時におすすめのアイテム。実際に使用したことがある人は少ないかもしれませんね。

ウォシュレットと同じようなものと勘違いしている方も多いかもしれませんので、ここでちょっと解説しましょう。

トイレの便座についているウォシュレットは、基本的に外性器だけを洗うアイテムです。便座の下にあるノズルが出てきて、そこから水を噴射しデリケートゾーンを洗浄するもので、膣内を洗い流すことはできません。

使い捨てビデの場合は、精製水が入った小さなボトルにノズルがついており、ノズルの先を膣に入れてボトルの水を噴射させ、膣内を洗浄します。この方法で膣に残った経血などを洗い流すことができるので、生理が早く終わると言われているわけです。

使い捨てビデの使用方法とメリット

使い捨てビデは、インターネットやドラッグストアなどで購入することができます。あらかじめボトルの中に精製水が入っていますし、ボトルにノズルを取り付けて膣内に入れるだけなので、使用方法は比較的簡単であると言えますね。

注意点としては、製品によってノズルの形や大きさ、水を噴射する穴の位置などが違うため、使用感が若干異なること。購入の際に、自分に合うものをしっかり見極める必要がありますね。精製水を噴射することで、膣内の経血やオリモノを洗い流すことができ、中からスッキリできるのが最大のメリット。商品を手軽に手に入れやすい、というのも利点でしょうか。とはいえ、やりすぎもかえって逆効果になるので、使用方法はきちんと守りましょう。

また、デリケートゾーンの臭いは、ホルモンバランスによって変化し、多少は臭いやすくなる時もあるもの。敏感になりすぎず、正しいケアをしてあげましょう。

ビデだけでなく毎日のケアも大切に!

体を洗う女性生理後の洗浄などに使い捨てビデを活用するのは、とても有効だと言えますが、デイリーケアとしてはちょっと過剰。膣内に入れるという点に、違和感や抵抗を感じる方もいるかもしれませんね。内部を直接洗ってキレイにできるのはメリットであり、やりすぎるとデメリットにもなりかねません。

そこでおすすめするのは、毎日のバスタイムに手軽にケアできるジャムウ石けん。天然ハーブの成分で肌を優しく整えながら、汚れをキレイに落とすことができます。石けんを泡立ててデリケートゾーンを洗うだけのケアなので、どんな方でも簡単にできますし、気になる臭いも抑えることが可能です。

もちろん、全身に使えるので、脇の下や足、乳首など臭いや黒ずみが気になる部分を優しく洗ってあげるのもおすすめ。

固形石けんなので、お風呂場に置いてあっても家族や彼氏にデリケートゾーン専用のアイテムということはバレずにケアできますよ。生理のおわりかけにビデを使用、デイリーケアとして石鹸を使用すると◎。

今回、実際にジャムウ石けんを使用、その使い心地や泡立ちを体験レポートしているのでぜひ、チェックしてみてくださいね。

デリケートゾーンの臭い対策に有効?ジェルタイプの膣洗浄とは!

さまざまな原因によって起こるデリケートゾーンの臭い。生理の終わりかけの時や普段から臭いが気になっている時に使うアイテムとして、トイレのビデや使い捨てビデなどを使用して臭い対策を行いますが膣洗浄アイテムとして今、ジェルが注目を集めています。

今回は、気になるデリケートゾーンの臭いを解消する効果が期待できるジェルの概要と効果、メリットなどをご紹介します。

ジェルの概要と効果

臭い対策に効果がある「インクリア」とは?

現在注目を集めている、膣内にジェルを充填し膣内の臭い対策や膣内の乾燥を防ぐために使用される膣洗浄器の商品が「インクリア」です。

使い捨てビデには膣内に残った経血や雑菌を洗い流すのに対し膣内にジェルを注入することで臭い対策をする商品です。インクリアは精製水・グリセリン・乳酸・クエン酸ナトリウムなどが成分で膣内に注入して使用します。

見た目はタンポンに近く、ポーチに入れて持ち運びができるようになっています。

効果

膣内は通常酸性に保たれており、膣の乳酸桿菌がブドウ糖を発酵させて乳酸を作りおりものとなることで、膣内を潤わせ雑菌が膣内に入り込まないようにしています。

しかし、何らかの原因でおりものの量が少なくなってしまうと、膣内の酸性は保つことが難しくなってしまい雑菌が侵入してしまいます。

インクリアはジェルの成分の中におりものの成分である乳酸などが含まれていますので、直接膣内に注入することで膣内が潤い再び酸性に保たれた膣内は臭いの原因となる雑菌を膣外に追い出してデリケートゾーンの臭い解消することができます。

石鹸よりもジェルがいい理由

ではデリケートゾーンの臭い対策として使用される石鹸と比べてどのようなところがメリットとなるのでしょうか?メリットを詳しく見ていきましょう!

膣内に注入することで臭いの原因を元から解消する

デリケートゾーンの臭いケアで使用する石鹸はデリケート表面の雑菌を洗い流すことはできますが膣内に使用すると、かえって臭いを悪化させる原因になってしまうため使用することはお勧めできません。

ジェルは膣内に注入することで臭いのもとを洗浄することができるので臭い菌の繁殖を防ぐことができます。

膣内が潤い、乾燥による病気や炎症を予防

おりものの減少によって菌が繁殖しやすい状態になっている場合はジェルの成分がおりものの代わりをして膣内を乾燥による炎症や雑菌の繁殖から守るので、膣内環境を正常に保ち病気の予防に効果が期待できます。

持ち運びに便利でどこでも使用できる

臭い防止の石鹸はお風呂場のみのしようですが。ジェルはタンポン同様に外出先のトイレでも使用できるので、学校や職場などでも手軽に使用することができます。また、化粧ポーチに収まるサイズですので臭いが気になったらすぐに使用することができることも魅力の一つです。

使用方法と注意点

手軽に持ち運ぶことのできるジェルタイプの膣洗浄は臭いの予防だけでなく生理周期の黄体期などの一時的におりものの量が少なくなる時期の膣トラブルの予防としても使用することができるため大変便利です。では、気になる膣洗浄ジェルの使用方法と注意点をご紹介します。

使用方法

膣洗浄ジェルを使用する際は、まず手を良く洗い清潔な状態で使用しましょう。ジェルは単回使用ができるように1つずつ包装されていますので包装から取り出し、ジェルが入っている容器のキャップを取りましょう。

挿入方法はタンポンを挿入する要領でリラックスした状態で容器の先端を膣内に挿入し、ピストンをして膣内をジェルで満たします。すべてのジェルが注入されたことを確認し容器をゆっくり膣から取り出したら完了です。

注意点

操作に慣れないうちは、リラックスできる体勢でゆっくり焦らず使用することが大切です。また、使用後は下着にジェルが付着しますので、違和感がある方はナプキンやライナーを使用してください。

ジェルタイプのまとめ

デリケートゾーンの臭い対策として使用できるジェルタイプの膣洗浄について概要・効果・メリット・使用方法をご紹介しました。

手軽に使用できるジェルは臭い予防だけでなく膣の乾燥を防ぎ、おりものの代わりとしても使用することができますので用途に合わせてチョイスしてみてはいかがでしょうか。