デリケートゾーンの臭いをとる正しいアソコの洗い方

その臭い、間違ったケアに問題があるかも!?

デリケートゾーンは、自己流ケアを行なっている人が多いもの。しかし、間違ったケアをすると臭いを悪化させてしまうことがあります。まずは正しいケアの方法を知ることが大切。

デリケートゾーンのにおいを抑える方法の基礎は「清潔を心がけること」です。下着、おりものシート、ナプキンはこまめに交換することはもちろん、ときにはビデを利用するのも効果的。

臭いの主な原因は雑菌の繁殖ですから、シャワーや入浴で毎日清潔にしておくことが大切です。さらに、最も重要なのは、デリケートゾーン専用の石けんを使用すること!

普通の石鹸じゃダメなの?

石鹸

雑菌や細菌がかえって増える!

膣内は細菌や雑菌の繁殖を防ぐために、乳酸桿菌によって酸性に保たれています。アルカリ性のソープを使用するとPHバランスが崩れ、細菌の侵入を防ぐ自浄作用が弱くなって雑菌が入りやすくなり、臭いが強くなってしまうのです。

刺激が強く、かゆみの原因に!

デリケートゾーンの構造は複雑で汚れや垢がたまりやすいため、普通の石けんでさっと洗っただけは完全にきれいにすることは難しいのです。

繊細なデリケートゾーンは、刺激を与えずに優しく洗ってあげることがとっても大切です。普通の石けんでは、刺激が強くてかゆみやかぶれが生じることもあるので気を付けましょう。

正しい洗い方でデリケートゾーンをスッキリ!

デリケートゾーンは、洗い方を間違えるとかぶれやかゆみを起こすだけでなく、かえって臭いを強くしてしまいます。まずは、正しい洗い方を知って実践してみましょう。

  1. お湯で優しく泡立てます。
    丁寧にこすることで泡が立ちますが、泡立てネットを使用するとさらに豊かな泡ができます。 
  2.  陰毛から始め、性器の細かい部分、さらには肛門まで洗います。
    デリケートゾーンは細かい場所に汚れがたまりやすいので、指の腹で細かい箇所も丁寧に、優しく洗っていきます。
  3. 膣内まで洗う必要はありません。また決して強くこすらないでください。
    細かい部分までしっかり(あくまで優しく)洗えたら、シャワーで流して終了です。

デリケートゾーンを正しく洗うために

デリケートゾーンを正しく洗うためには、その構造を理解しておくことが大事です。デリケートゾーンの構造について、わかりやすく解説いたします。

デリケートゾーンの構造

デリケートゾーンのまわりにある柔らかい部分は「大陰唇」といい、大陰唇で囲まれた、内側にあるヒダの部位を「小陰唇」といいます。

臭いの元となる汚れが溜まりやすい部位は、大陰唇と小陰唇の間から、小陰唇のヒダの間です。また、「陰核」といわれるデリケートゾーンの前方にあるクリトリスも、汚れが溜まりやすい部位なのです。

このように、デリケートゾーンの構造を知っておくことで、臭いのもととなる汚れが溜まりやすい場所もわかり、適切な洗い方ができるようになります。

洗うときは優しく前方から後ろに向けて洗う

デリケートゾーンは、他の部位を洗う流れで洗うのではなく、タオルやスポンジは手から離し、手のひらと指の腹を使って洗います。手のひらで十分に石鹸などを泡立てた状態で、アンダーヘアを含むデリケートゾーンを、優しく前方から後ろに向けて洗うようにしましょう。

先述でお伝えしたように、大陰唇と小陰唇間から小陰唇とヒダの間が最も汚れが溜まりやすい部位です。丁寧に優しく汚れが溜まりやすい部位を洗い、最後は肛門を洗います。

複雑な構造のデリケートゾーン

丁寧に洗っているつもりでも、複雑な構造をしているデリケートゾーンは、おりものや恥垢と呼ばれる垢が残りやすいものです。また、尿のかすなども残りやすいため、それらが臭いの原因をつくっているのです。

デリケートゾーンの洗い過ぎはNG

汚れや臭いが気になり始めると、1日のうちに何度もデリケートゾーンを洗おうとする人がいます。ですが、必要以上何度も洗うことはよくありません。

デリケートゾーン必要以上に何度も洗ってしまうと、大切な部位のバリア機能まで、洗い落としてしまうことになります。正しい洗い方をマスターすれば、1日1回、毎日の入浴時に洗うだけでも十分です。

また、泡立てた石鹸で優しく洗った後は、熱いお湯ではなくぬるめの温度のお湯で洗い流すようにしましょう。熱いお湯で洗い流すと、デリケートゾーンが乾燥しやすくなってしまいます。

保湿の必要性

デリケートゾーンが乾燥しやすくなると、臭いの原因にもなります。他にも、かゆみや肌荒れを引き起こしたり、黒ずみになってしまったり、乾燥によってさまざまな影響を与えてしまうことになります。

優しく丁寧に洗ったお風呂上がりのあとは、デリケートゾーンもしっかりと保湿をしてあげるようにしましょう。ボディローションやクリーム、また刺激の少ない軟膏などで保湿してあげるのもよいです。

あそこの臭いをシャットアウト!ジャムウパックがオススメ

デリケートゾーンの臭い専用石鹸の泡パック

デリケートゾーン専用石けんの効果的な使い方に、部分パックがあります。

「デリケートゾーンにパック?」と思う方も多いかもしれませんが、これがなかなかの効き目。

パックができる石けんと適していない石けんがありますが、ランキング1位の「ヴィーナスラボジャムウクリアナノソープ」は、柔らかくキメの細かい泡でヘタらないのでパックにも適しています。

パックの方法は極めてシンプル。たっぷりと泡立てた泡でデリケートゾーンを包むようにして、およそ3分待ちます。

この石けんは全身に使用できるので、まずパックをしながら全身を洗い、最後にシャワーで流します。チャ葉エキスとミョウバンのエキスが臭いの元をシャットアウトしてくれるので、ワキガや加齢臭などが気になる人にも愛用者が多いようです。

パックでにおいが驚くほどなくなる!

私の場合、デリケートゾーンだけではなく、脇の下や乳首の周りにもパックをしています。入浴の度にできるだけパックをしていますが、においはビックリするほどなくなりましたよ。

また、生理中も必ずパックしています。私はナプキンで肌がかぶれやすいのですが、この石けんは低刺激なので、しみたりかゆみが増すことがないどころか、かぶれが治まります。

以前は、デリケートゾーン用の軟膏を使うこともあったのに、最近はこのパックの効果もあって、かゆみ自体がなくなりました。

さらに嬉しいのは、オリモノの量が減ったこと。あまりの多さに婦人科を受診したこともありますが、半分以下に減ったんです。オリモノ用シートも使っていません。

全身・顔にも使えてとっても便利♪

使い心地は、とにかく全身がスッキリ&ツルスベになる感じです。デリケートゾーンのにおいがなくなるのでそれだけでハッピーなのですが、お肌が乾燥することもなくモッチリ・スベスベに!その爽快さは、入浴が楽しみになるほどです。

この石けんは低刺激なので、私は顔にも使用しているのですが、優しくサッパリ洗い上げてくれて、化粧水がグングン吸い込む感じが気に入っています。

しかも、洗顔で使い続けるうちに、肌の色が少し明るくなってきたように感じています。これなら、デリケートゾーンのくすみにも期待できるということだと思うので、くすみで悩んでいる方にもおすすめです!