あそこの黒ずみや脱毛処理後のケアとしてもオススメ!

ハイジニーナにしたら黒ずみが目立つように…

デリケートゾーンの脱毛はこれまで、「恥ずかしいから自分で処理する」という方が多かったと思います。しかし、最近ではエステサロンなどでVIO脱毛や、アンダーヘアをすべて処理するハイジニーナなどの施術を受ける方が増え、デリケートゾーンへの脱毛ケアに注目が集まっています。

毛がなくなると、どうしても目立ってしまうのは肌の質。敏感なデリケートゾーンは、かぶれやすく色素沈着などのトラブルが起こりやすいエリアでもあります。ムダ毛をキレイに処理するだけでは、デリケートゾーンのケアはもはや不十分。お肌そのものも黒ずみや炎症がないよう、キレイに整える必要があるのです。そこで欠かせないのがデリケートゾーン専用の石鹸です。毎日のバスタイムで気軽にケアができますよ。

デリケートゾーンはなぜ黒ずみやすいの?

外陰部の肌は体表を覆う皮膚の中で最も薄く、特に慎重にケアしなければならないとされている、目の周辺やまぶたの皮膚よりもさらに薄いと言われています。皮膚が薄いということは、ダメージを受けやすく外からの刺激によって変化しやすいことを意味します。

デリケートゾーンは、紫外線などのダメージがない代わりに常に下着に覆われていて、摩擦の刺激を受け続けています。こすれている部分の肌細胞は、メラニンを作り出して肌の表面へ集め、ダメージから皮膚を守ろうとしてしまいます。このために、黒ずみや色素沈着が起こりやすいのです。

ジャムウ石鹸には黒ずみをケアする成分も

ジャムウヴィーナスクリアソープ全身の中で特に皮膚が薄く、摩擦の刺激を受け続けているデリケートゾーンは、特に肌をいたわる成分で洗浄や保湿を行う必要があります。一般的なボディソープで洗うだけではなく、専用の石けんを使って優しく洗い、黒ずみを和らげる成分でケアしたいもの。

そこでおすすめなのが、価格も安くジャムウ石鹸として人気の『ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ』

デリケートゾーンの臭いを抑えるミョウバンやチャ葉エキス以外にも、色素沈着を抑えるマグワ根皮エキスや、メラニンの生成を抑えるカミツレ花エキスなども配合しており、デリケートゾーンの肌をいたわりながら清潔に保つことができます。さらに、高い保水力を持つプロテオグリカン、ツバメの巣など美容成分も多く含まれているので、デリケートゾーンのみならず、全身を保湿できる美肌石けんなのです。

敏感で傷つきやすいデリケートゾーンだからこそ、このように優しくケアできる専用アイテムで入念にお手入れして、脱毛後の黒ずみや色素沈着とさよならしてしまいましょう。1番価格が安いジャムウクリアナノソ―プを実際に使ってみた様子をレポートしたので、ぜひチェックしてみてくださいね。

ますます身近に アンダーヘアの脱毛&ケア

デリケートゾーンの毛の処理はこれまで、恥ずかしさから自分でする方が多かったのではないでしょうか。そして普段から自己処理にはカミソリや除毛クリーム、毛抜きなどを使用するのが大半だったと思います。しかし、カミソリなどを使った自己処理では肌は容易に傷つきやすく、赤みやブツブツザラザラ肌、埋没毛などの原因になったりと、様々な肌トラブルを引き起こしてしまいがちです。

そのようなことから、脱毛サロンや医療脱毛クリニックなどでVIO脱毛や、ハイジニーナなどの施術を受ける方が増え、デリケートゾーンの脱毛ケアに注目が集まっています。

ここではアンダーヘアの脱毛や脱毛後のケアに関わる、知っておきたい基礎知識をご紹介いたします。

VIO脱毛、ハイジニーナとは?

VIO脱毛のVIOとは、次のような部分を指しています。

  • V=ビキニライン
  • I=陰部の両側からO部分にかけてまでのライン
  • O=肛門の周囲

上記のアンダーヘアを脱毛して、毛を薄くしたり形を整えたりすることをVIO脱毛と呼びます。また、これらのゾーンの毛をすべて処理した無毛状態はハイジニーナと呼ばれています。毛を無くすと清潔で衛生的になることから、衛生という意味の「ハイジーン(hygiene)」を語源にした造語です。

VIO脱毛のメリット、デメリット

VIO脱毛をすることで得られる主なメリット

  • 毛に汗がつかなくなるので、ムレにくくなったり、おりものや生理時の経血などもつくことがなく衛生的で、不快感や臭いが軽減される。
  • 水着や下着を身につけるときに毛のはみ出しを気にすることなく、デザイン性の高いものも気軽に着用できるようになる。

など、見た目だけでなく実際の衛生面もすっきりとし、楽に清潔を保ちやすくなります。

VIO脱毛をすることによるデメリット

  • 光やレーザーなどで一度脱毛を完了してしまった部分には、二度と毛は生えてこなくなるので、温泉など人前にでる場合は、恥ずかしかったり気をつかう。
  • 経血が横漏れしたり、生理用品が直接肌に触れるようになり、かぶれることもある。

後悔をしないためにも、デメリットもしっかり考慮したうえで、どれだけ毛を減らすかなど計画を立ててから処理を行うことが大切です。

自分にあった脱毛方法を選ぼう

一般的にサロンでは光脱毛、医療クリニックではレーザー脱毛による施術が行われています。どちらも光やレーザーを毛のメラニン色素に照射し、毛根にダメージを与えて脱毛するという点では同じなのです。

ではどういった違いがあるのでしょうか。

まず、使用される機械の脱毛効果に違いがあります。

「用いる機器が医療用かどうかに関わらず、強力なエネルギーで毛乳頭(毛根)などを破壊することは、医師以外が行ってはいけない」という厚生労働省からの通知により、常駐医師のいないサロンで扱う機械では毛根を破壊することはできないという決まりがあります。

そのため、脱毛サロンでは医療知識のないスタッフでも安全に扱える、出力の弱い機械のみ使っています。出力が弱い分、平均して12回以上、期間にして2~3年程はサロン通う必要がありますが、医療レーザーと比べると痛みも少なく、一回の施術時間は短めです。

また、店舗数が多いため通いやすく、低価格で施術が受けられるうえ、キャンペーンなども頻繁に行われています。

一方、クリニックで使われるレーザー脱毛は医療用で毛根を破壊できるので、より高い脱毛効果があり、初めての施術からすぐに毛量の減少を実感できます。その分、1回あたりにかかる料金はサロンと比べると高くなりますが、脱毛完了までにかかる回数は6~8回、期間は1年前後なので、早さと効果で考えると結果的にコストパフォーマンスが良い場合があります。

さらに、医療機関であることから肌トラブルにもすぐに対処してもらえるため安心です。

このようなことから、サロンかクリニックどちらがいいのか迷っている方は下記のニーズを基準に選ぶとよいでしょう。

  • サロンの光脱毛…時間がかかっても、気軽に安く、痛みの少ないVIO脱毛がしたい
  • クリニックのレーザー脱毛…お金がかかっても、ツルツルのVIOを少ない回数で確実に得たい

恥ずかしくない脱毛

基本的にサロンやクリニックでは、アンダーヘアの脱毛を受ける人が恥ずかしくないよう配慮をされた施術を行ってくれます。お店によって多少違いはあるものの、専用ガウンや前開きのローブを着用したり、使い捨てのショーツに履き替えて、それらをずらしながら照射に必要な部分だけ肌を出すなど、安心して施術を受けられるよう注意がなされています。

それでも脚を開いたり下半身を出すことに抵抗があるという方のために、最近では、気軽に自己処理ができるVIOゾーン対応の光脱毛器なども普及してきています。

このようにデリケートゾーンの脱毛技術やサービスは様々に展開されてきています。自分のニーズにあった脱毛やケア方法を上手に選んで、より快適なデリケートゾーンを手に入れましょう。

ハイジニーナにしたら黒ずみが目立つように…

アンダーヘアがなくなるとムレや汚れ、臭いなどから解放され快適になるものの、どうしても目立ってしまうのは肌の質。敏感なデリケートゾーンは、かぶれやすく色素沈着などのトラブルが起こりやすいエリアでもあります。ムダ毛をキレイに処理するだけでは、デリケートゾーンのケアは不十分なことも。お肌そのものも黒ずみや炎症がないよう、キレイに整える必要があるのです。

では、効果的に脱毛後のケアをするためにも、黒ずみのもとになる原因や対策を見ていきましょう。

デリケートゾーンの黒ずみや色素沈着の原因

トイレットペーパーによる摩擦や下着の締め付けによるもの

脱毛後のIラインが黒ずんでしまう主な原因のひとつに、トイレットペーパーの擦れや下着による締め付けがあります。

外陰部の肌は体表を覆う皮膚の中で最も薄く、特に慎重にケアしなければならないとされている、目の周辺やまぶたの皮膚よりもさらに薄いと言われています。皮膚が薄いということは、ダメージを受けやすく外からの刺激によって変化しやすいことを意味します。さらに、Iラインには他の部分よりもメラニン色素が多く存在していて、色素沈着が起こりやすくなっています。紫外線によるダメージはほぼありませんが、トイレットペーパーの摩擦や下着の擦れなどから常に刺激を受けていて、こすれている部分の肌は、角質が知らず知らずのうちに傷つき剥がれてしまっています。

そこで肌細胞はメラニンを作り出して肌の表面へ集め、角質を補修したりダメージから皮膚を守ろうとします。その角質を修復しようとするメラニンの働きが活発になればなるほど、肌は赤みにとどまらず黒ずんでいきます。

そのうえ、過剰なメラニンの働きに肌の新陳代謝がついていけなくなり、色素沈着を引き起こしてしまうのです。

ですので、トイレの後ゴシゴシと強く拭いたり、締め付けのきつい下着の着用は、黒ずみや色素沈着という観点から見るとあまりよいものではありません。

ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの乱れが色素沈着や黒ずみにつながることも。

女性ホルモンを代表するエストロゲンとプロゲステロンは、日常生活から大きな影響を受けやすく、バランスが崩れやすくなっています。ストレスや不規則な生活、睡眠不足、過度のダイエットや喫煙、アルコールの過剰摂取などにより乱れは加速してしまいます。

これらのホルモンバランスが崩れるとメラニンの元となるメラノサイトが刺激され、過剰にメラニンが生成されていきます。

さらに、女性ホルモンが乱れていると、肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーにも影響が出てきます。ターンオーバーがスムーズに行われなくなると、メラニンが残った古い皮膚がいつまでもとどまり、黒ずんだ肌になってしまうのです。

Iラインの黒ずみ・色素沈着を解消する方法

では、Iラインの黒ずみや色素沈着を解消していくにはどうすればいいのでしょうか?

大切なのは、やはり普段の生活を改善していくことになります。

食事の面では特に、ビタミンやタンパク質をしっかり摂り、規則正しい生活習慣を身につけ、質の良い睡眠をとることでホルモンバランスも整っていきます。ホルモンバランスが整うと肌荒れの解消やアンチエイジングにもつながるので、身体には良いことだらけです。

そして、外的な刺激による黒ずみ対策は、刺激の少ない綿(コットン)や絹(シルク)の下着に替えたり、トイレの後は優しく拭いたりと毎日の何気ない摩擦に気をつけることです。また、保湿をこまめに行うのも効果的です。

日頃から予防対策できるところは、早い段階で始めると良いですね。

もし、すでに黒ずみが気になるレベルでしたら黒ずみや色素沈着ケア専用アイテムを使うのも一つの手。そこで毎日のバスタイムで気軽にケアができるデリケートゾーン専用の石鹸がおすすめです。

ジャムウ石鹸には黒ずみをケアする成分も

全身の中で特に皮膚が薄く、摩擦の刺激を受け続けているデリケートゾーンは、特に肌をいたわる成分で洗浄や保湿を行う必要があります。一般的なボディソープで洗うだけではなく、専用の石けんを使って優しく洗い、黒ずみを和らげる成分でケアしたいもの。

そこでおすすめなのが、価格も安くジャムウ石鹸として人気の『ヴィーナスラボ ジャムウクリアナノソープ』

デリケートゾーンの臭いを抑えるミョウバンやチャ葉エキス以外にも、色素沈着を抑えるマグワ根皮エキスや、メラニンの生成を抑えるカミツレ花エキスなども配合しており、デリケートゾーンの肌をいたわりながら清潔に保つことができます。さらに、高い保水力を持つプロテオグリカン、ツバメの巣など美容成分も多く含まれているので、デリケートゾーンのみならず、全身を保湿できる美肌石けんなのです。

敏感で傷つきやすいデリケートゾーンだからこそ、このように優しくケアできる専用アイテムで入念にお手入れして、脱毛後の黒ずみや色素沈着とさよならしてしまいましょう。

1番価格が安いジャムウクリアナノソ―プを実際に使ってみた様子をレポートしたので、ぜひチェックしてみてくださいね。