パンツの臭いが気になる

おりものとは別に、デリケートゾーン特有のにおいの原因に「すそワキガ」というものがあります。
このページでは「すそわきが」の症状や汗と臭いの関係について詳しくまとめます。

パンツ・ショーツが臭うなら“すそワキガ”の可能性が!

汗をかく季節はとくに蒸れやすいデリケートゾーン。誰もがその臭いを気にすると思います。実は、デリケートゾーンのまわりにはアポクリン腺がたくさんあるというのはご存知でしょうか。このアポクリン腺とは、汗の出る汗腺のことで、脇の下や乳首、デリケートゾーンにあるものです。アポクリン腺の数は、個々によって異なるのですが、多くある人はワキガ体質と考えられます。

そしてワキガのある人は、「すそワキガ」になる可能性が高いと言われています。

すそわきがとは?

「すそワキガ」とは、わきがと同じ原理で臭う、いわば“デリケートゾーンのワキガ”で、アポクリン腺から分泌物が出て、この成分を雑菌が分解することで臭いが発生します。

汗をかいたあと、その汗が下着などに付着しそこで雑菌が繁殖すると、下着から臭うことになるわけです。オリモノがそれほどひどくないのにパンツやショーツがひどく臭うな…と感じたら、すそワキガの可能性があります。日本人にすそワキガの人は少ないと言われていること、デリケートゾーンのアポクリン腺は退化しやすいことから、ワキガの人が絶対にすそワキガになるとは限りません。

臭いの原因を正確に突き止めよう

においがすそワキガによるものか、オリモノによるものかを判別するには、においが発生するまでの時間を観察する必要があります。

すそワキガは入浴後、臭いが発生するまである程度の時間を有します。入浴後にすぐに臭うときは、原因がオリモノである場合が多いようです。すそワキガが疑われる場合は、アポクリン腺を機能させなくするための、ワキガと同様のレーザー治療などを受けることができるので、病院に相談するのも一つの方法ですね。

ここで、臭いの原因がすそワキガなのか、通常のオリモノなのかを突き止めるために、ワキガかどうかを判断するチェック項目をご紹介します。多くの項目に当てはまる場合は、すそワキガである可能性が高くなります。

すそワキガ自己チェック項目

  1. 自分がワキガ、または家族や親族にワキガの人がいる。
  2. 湿った耳垢が出る。
  3. アンダーヘアが濃い。
  4. 乳首の周辺からも臭う。
  5. シャツの脇やショーツに黄色い汗じみが付きやすい。
  6. パートナーからデリケートゾーンが臭うと指摘された。

多くの項目に当てはまる場合は、すそワキガである可能性が高くなります。

すそわきがではないみたいだけど…臭いが気になる!といった方は普段の手入れ方法に原因があるかもしれません。

汗や蒸れを防ぐことでにおいも軽減できる!

すそワキガとまではいかなくても、汗をかくことで臭いが増すのは事実。そこで、大切なのは、「蒸らさないこと」です。

例えば、ガードルやボディスーツ、ストッキングなどはデリケートゾーンを蒸らすことにつながります。その上、汗が乾きにくくなってにおいを発生させやすくなるのです。もちろん、デリケートゾーンを清潔にすることも重要です。ただし、デリケートゾーンは一般のボディソープなどで洗うと刺激を受けやすいため、専用のソープで優しく丁寧に洗うことをおすすめします。

また、ナプキンをしなければいけない生理中は、ナプキンをこまめにかえるのはもちろんですが、より清潔に保つように心掛けましょう。さらに、ムダ毛の処理にもひと工夫が必要です。ムダ毛をなくすことで、汗は蒸発しやすくなるのですが、抜くのは厳禁。毛を抜くと汗の量が増えてしまうので、むやみに抜かないことが肝心です。きちんとした処理をしてあげましょう。