気になるデリケートゾーンの臭いを解消!女性のためのお助けNavi

デリケートゾーンの臭いをスッキリ解決してくれる専用石鹸を大特集

第三位

インティマ

臭いスッキリ度:

詳細はこちら>>

HOME » デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説 » しみたり痛かったりする

しみたり痛かったりする

においとともにヒリヒリとした痛みがともなうケースもあります。ここではデリケートゾーンに痛みを感じた場合、どのような症状が考えられるのかについてご説明します。

臭いと痛みをともなうデリケートゾーンの症状

痛みをともなうケースもあります。かゆみがあり腫れたりただれる場合は、その痛みはかきすぎが原因かもしれません。
清潔を第一に、デリケートゾーン専用のソープでやさしく丁寧に洗浄し、まずはかゆみを抑えることが肝心です。

ただカンジダ膣炎の場合も、かきむしって腫れてしまうことがあるので、この病気が疑われる場合は受診しましょう。

かきむしりとは別の痛みがある場合は、その他の病気が疑われます
例えば小陰唇や大陰唇の内面に痛みがある場合は、細菌やヘルペスウィルス、梅毒のスピロヘータなどが感染して起こる「外陰潰瘍」だったり、
バルトリン腺に大腸菌やブドウ球菌などが感染して炎症を起こす「バルトリン腺炎」、バルトリン腺炎を繰り返すことでおこる「バルトリン腺のう腫」、
ヘルペスウィルスの感染によって発症する「性器ヘルペス」などが考えられます。

臭いや痛みのある性病・病気の治療法

痛みをともなうデリケートゾーンの病気の症状、治療法は次の通りです。

■ 外陰潰瘍
細菌やヘルペスウィルス、梅毒スピロヘータなどの感染によって起こり、かなり激しい痛みがあります。
治療には抗生物質や抗ウイルス剤の服用、軟膏などが用いられます。

■ バルトリン腺炎
強い痛みがあり、赤く腫れます。抗生物質の内服で治りますが、膿がたまっている場合は切開して膿を出します。

■ バルトリン腺のう腫
バルトリン腺の開口部がふさがって分泌物がたまってのう腫となるもので、化膿した場合は激しい痛みをともないます。
のう腫が大きい場合は切開して膿を出します。

■ 性器ヘルペス
痛みをともなう小さな水疱ができますが、それをつぶすと潰瘍になって排尿時にかなり痛みます。
抗ヘルペスウィルス剤を服用したり、外用薬を用います。

悪性の病気の可能性も

上記の病気は、清潔を心がけ、性交の際にコンドームを使用することでほとんどは防ぐことができます。
しかし、深刻な悪性の病気の場合もあります。
例えば「外陰がん」は、おりものやかゆみのほかに外陰部の痛みを伴います。
外陰部に腫れやただれも見られるもので、自覚症状がはっきりある病気といえます。

ページェット病もがんの一種で、まず大陰唇に湿疹ができ、かゆみをともないます。そのうち潰瘍になり、徐々に拡大していきます。

これらは症状から性病などに間違われやすい病気ですが、症状をしっかりと医師に伝え、適切な治療を受けることが大切です。

 

デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説

女性必見!あそこの臭いのケア講座

デリケートゾーンの臭いならコレ! 人気のせっけん一覧