オリモノの臭いが気になる

日常的にデリケートゾーンから臭うとしたら、その原因は「オリモノ」かもしれません。このページでは、オリモノがにおう理由や対策についていご紹介します。

デリケートゾーンの臭い、原因はコレ!

女性のデリケートゾーンの臭いの原因で、まず考えられるのが「オリモノ」です。

下着を汚したり、なにかいつもすっきりしない感覚を与えるオリモノ。ほとんどの女性がオリモノをわずらわしく感じているはずです。ですが、オリモノは成熟した女性なら誰にでもあるもので、なくてはならないものです。

ホルモンバランスでオリモノは変わる

生理が終わってすぐから排卵期までは粘度が低い透明なオリモノがたくさん出るのに対し、排卵後から生理前にかけては量が減って、粘り気のあるクリーム色のオリモノになります。最もオリモノの量が増えるのは、排卵の前後で卵胞ホルモンが多く分泌される時期です。この変化に伴って、生理前などはどうしてもにおいやすくなってしまいます。

臭いには個人差がありますが、デリケートゾーンの臭いが日常的にいつも気になるな…と感じる人は、オリモノが原因になっている可能性があります。特に20代から30代は、女性ホルモンの分泌が最も盛んになるため、オリモノの量自体が多くなり、臭いやすくなるともいわれています。この年代で臭いが気になりやすい方は、オリモノの量に注目して、デリケートゾーンのケアを入念に行う必要があるかもしれません。

そもそもオリモノとは…

オリモノとは子宮頚管や膣などから出る分泌液のことで、膣にうるおいを保って雑菌が入るのを防いだり、粘液によって雑菌を排出する働きがあります。オリモノは、女性ホルモンの分泌に左右されるため、生理の周期や体調によって臭いや色、分泌量が変化します。

オリモノの色がおかしい?こんなときは要注意

オリモノは無色透明から乳白色だったり、やや黄色っぽいくらいのものが普通です。人によって個人差がありますが、臭いは、ほぼ無臭かすっぱい臭い、たまにチーズのような臭いがすることもあります。それは膣の中のpHを正常に保つための乳酸のにおいなので、異常なものではありません。

しかし、オリモノの色が黄色や緑、茶色だったり、強いにおいやかゆみを伴う場合は、何らかの病気を患っている可能性があります。

茶色かったり血が混じっているような場合は、子宮の深刻な病気の可能性があります。白くボソボソとしたヨーグルトのようなオリモノだったり、黄色く粘り気のあるオリモノの場合は、カンジダ腟炎や性器クラミジア感染症などの可能性があり、緑っぽいオリモノは膣トリコモナス症が疑われます。

子宮の重要な病気は早期発見が大切!カンジダ腟炎や性器クラミジア感染症、膣トリコモナス症などは、内服薬で治療できる場合がほとんどです。病気が疑われる場合には、産婦人科を受診して適切な治療を受けるようにしましょう。

オリモノの臭いを消すには

オリモノの臭いの対策としては、清潔に保つことが最も効果的です。ただし普通の石けんやボディソープの使用は避けましょう。弱酸性ではないボディソープを使うと、膣内を自浄している常在菌がいなくなってしまい、雑菌が増えてかえって臭いは強くなります。繊細な部分に刺激を与えすぎてしまうことで、かぶれなどを引き起こしまうことも…。また、恥垢がたまりやすい部分の汚れをしっかり落とすには専門の石けんやソープを使用するのが効果的です。

他にもオリモノシートを使用している人は、とにかくこまめに交換することも大切です。交換せずに同じものを使い続けていると雑菌が繁殖しやすい状態に…。もちろん、オリモノシートに限らず、生理中もナプキンはこまめに取り替えましょう。

デリケートゾーン専用の石鹸ってどんなもの?まだ使ったことがない!という方はぜひ体験レポートをチェックしてみてくださいね。100万個の販売実績がある石鹸の使い心地や成分を詳しく紹介しています。