生理のときに気になる

生理中、あそこのにおいを気にする人も多いと思います。ここでは、生理中ににおいが発生する理由や対策についてご説明します。

生理中に気になる臭いの原因とは?

生理中は誰でも、いつもよりデリケートゾーンのにおいは強くなるもの。「生理中だとバレたらどうしよう…」とドキドキしてしまった経験は、女性なら誰しもあるのではないでしょうか。しかし意外にも排出される血液(経血)自体には、においはほとんどありません。

経血が空気に触れ、雑菌が繁殖することで、あの生臭いような独特なにおいが発生するのです。

ナプキンを取り替えたばかりのときに比べ、時間が経過すると臭いは強くなっていきますが、それは時間の経過にともなって、雑菌が繁殖して増えているためです。 だいたい経血が空気に触れて3時間ほどで細菌が繁殖し、臭いを発生させると言われています。

においを気にするあまり、ナプキンの上からサニタリーショーツやストッキング、ズボンなどを履いて密閉してしまうために、通気性が悪くなって蒸れやすくなります。こうすることで、雑菌が繁殖しやすい環境を作り出してしまい、生理中の臭いを助長させてしまう結果となるわけです。 生理中のときは、通気性の良い下着や思い切ってスカートを選ぶなど、蒸れない環境をつくることを心がけてみましょう。

生理中のにおいをできるだけ抑えたい!

同じナプキンを着けたまま長時間取り替えないと、雑菌が増殖して臭いはどんどん強くなってきます。生理中は、だいたい1〜3時間に1回、こまめにナプキンを取り替えるようにしましょう。

最近のナプキンは、長時間用のものが開発されてモレない工夫がされているため、数時間取り替えなくても大丈夫なものもありますが、臭いを発生させないためには、取り替えることが第一です。

また、アンダーヘアに付着した経血が臭いの元となることも考えられるので、ナプキンを付け替えるときに、きれいにビデで洗い流すことも重要です。ふき取るときは、ゴシゴシこするのではなく、優しくふき取りましょう。臭い対策には、とにかくデリケートゾーンを清潔に保つことが大切です。ぜひ正しい洗い方を覚えてくださいね。

シャワーや入浴の際は、デリケートゾーン専用のソープを使用したり、普段からビデで洗浄するなど、きれいに保つことを心がけましょう。普通のボディソープでデリケートゾーンを洗うと、その刺激によってかぶれたり、かゆくなったりすることがあるので、デリケートゾーン専用のソープがおすすめです。定番人気商品を調査したので、チェックしてみてください。

ケアしても「臭い」が気になるなら相談を

こまめにナプキンを取り替えたり、専用の石けんでしっかりとケアしているのにも関わらず「いつもよりも臭う!」と感じたなら、思い切って病院で相談してみましょう。

婦人科系などの病気を疑うことも大切です。病気かどうかを見極めるためにも、普段から自分の生理中の経血の色や臭いを把握しておくとベターだと思います。

 

今回、価格が1番安かったジャムウ石鹸を使用!私が実際に使ってみた様子を赤裸々にレポートしているので、ぜひチェックしてみてくださいね。