気になるデリケートゾーンの臭いを解消!女性のためのお助けNavi

デリケートゾーンの臭いをスッキリ解決してくれる専用石鹸を大特集

第三位

インティマ

臭いスッキリ度:

詳細はこちら>>

HOME » デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説 » 生理のときに気になる

生理のときに気になる

生理中、そのにおいを気にする人も多いと思います。ここでは生理中ににおいが発生する理由や対策についてご説明します。

生理中のデリケートゾーンの臭い

生理中は誰でも、いつもよりデリケートゾーンのにおいは強くなります。
「生理中だとバレたらどうしよう…」とドキドキしてしまった経験は、女性なら誰しもあるのではないでしょうか。

しかし意外にも排出される血液(経血)自体には、においはほとんどありません。においは経血が空気に触れ、雑菌が繁殖することで発生します。

ナプキンを取り替えたばかりのときに比べ、時間が経過するとにおいは強くなっていきますが、それは時間の経過にともなって雑菌が繁殖しているからです。
だいたい経血が空気に触れて3時間ほどで細菌が繁殖し、においを発生させると言われています。
その上、ナプキンを使うことで通気性が悪くなって蒸れやすくなります。これが生理中のにおいの原因です。

生理中の臭いを抑えるには

ナプキンを長時間取り替えないと、においは強くなってきます。
生理中はこまめにナプキンを取り替えるようにしましょう。だいたい1〜3時間に1回は取り替えるようにしてください。

最近のナプキンは長時間用だったりモレない工夫がされているために長時間取り替えなくても済むようにできていますが、
においを発生させないためには取り替えることが第一です。

デリケートゾーンを清潔に保つことも大切です。
ビデで洗浄したり、シャワーや入浴できれいにしてください。シャワーや入浴の際は、デリケートゾーン専用のソープを使用するようしましょう。
普通のボディソープでデリケートゾーンを洗うと、その刺激によってかぶれたり、かゆくなったりすることがあるからです。

あきらかに臭いが違うときは?

また、蒸れると雑菌が繁殖しやすくなることから、通気性の良い下着や洋服を選ぶようにしましょう。
ナプキンがずれてしまわないようにスキニージーンズやレギンス、ガードルなどぴったりとした服装を選びたくなる気持ちもよくわかりますが、
実はこれらのボトムスは蒸れやすい環境を作っています。

こまめにナプキンを取り替えたり、専用の石けんでしっかりとケアしているのにも関わらず「いつもよりも臭う!」と感じたなら、
思い切って病院で相談してみましょう。
婦人科系などの病気を疑うことも大切です。
病気かどうかを見極めるためにも、普段から自分の生理中の経血の色やにおいを把握しておくとベターだと思います。

 

デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説

女性必見!あそこの臭いのケア講座

デリケートゾーンの臭いならコレ! 人気のせっけん一覧