気になるデリケートゾーンの臭いを解消!女性のためのお助けNavi

デリケートゾーンの臭いをスッキリ解決してくれる専用石鹸を大特集

第三位

インティマ

臭いスッキリ度:

詳細はこちら>>

HOME » デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説 » かゆみもある

かゆみもある

においにプラスしてかゆみもある場合はどのような対策が必要なのでしょう。このページでは疑われる病気や予防法についてまとめます。

かゆみをともなうデリケートゾーンの臭い

デリケートゾーンのにおいが気になるのに加え、それと同時にかゆみがともなう経験をしたことがある人も多いと思います。
一説には、デリケートゾーンのかゆみを感じたことがある人はおよそ50%。
つまり2人に1人の女性は、かゆみを経験したことがあるというわけです。

デリケートゾーンがかぶれることでかゆみが起こることが多いようですが、かぶれる理由はさまざまです。
下着やナプキン、おりものや経血、汗などの刺激や汚染によってかぶれることもあれば、雑菌の繁殖によってかぶれてしまうこともあります。
これらは、デリケートゾーンに、においが発生する原因とほぼ同じです。
これらの原因を解決すれば、においと同時にかゆみも抑えることができるわけです。

性病も臭いの原因

しかし、かゆみやにおいが病気による場合もあります。
例えばページェット病は、閉経後の女性に多い癌で、外陰部にかゆみをともなうことがあります。

毛ジラミのように性交によって移る病気もあります。
カンジダ膣炎も性交によって移りますが、この病気は免疫力が落ちることでも発症します。

カンジダ菌はカビの一種で、もともと人間が持っている常在菌です。
例えばストレスを感じたときや抗生物質を飲んで膣内の善玉菌が減ってしまったときなど、
何らかの理由をきっかけとして免疫力が落ちるとカンジダ菌が急激に増え、結果的にカンジダ膣炎を発症してしまうのです。
カンジダ膣炎は、においはさほど発生させませんが非常に激しいかゆみをともないます。

ほかに、感染症のトリコモナス膣炎もかゆみをともないますが、この病気の場合はかゆみだけでなく強いにおいを発生させます。

かゆみの予防法と対策

かゆみを防ぐ方法は、においを予防する方法と同様で、まずは清潔を心掛けることです。
生理中はナプキンをこまめに交換し、ふだんから通気性のよい服装・下着を選ぶようにしましょう。
そしてかぶれを防ぐためにも一般の石けんではなく、デリケートゾーン専用の石けんで優しくしっかりと洗いましょう

カンジダ膣炎を予防するためにも免疫力を下げないような工夫が大切になりますし、もし疑われる場合は、すぐに受診してください。

性病の予防も大切です。性交の際、コンドームを使用すれば予防することが可能です。

 

デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説

女性必見!あそこの臭いのケア講座

デリケートゾーンの臭いならコレ! 人気のせっけん一覧