気になるデリケートゾーンの臭いを解消!女性のためのお助けNavi > デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説

デリケートゾーンの臭いの原因を症状別に解説

臭いの原因と対策を知ろう!

デリケートゾーンの臭いの原因を大きく分けると、以下のようなものが挙げられます。

  1. 生理中の蒸れや細菌の増殖によるもの
  2. オリモノの蒸れや細菌の増殖によるもの
  3. 性感染症などの疾患によるもの
  4. すそワキガなど体質によるもの

月経周期や女性ホルモンの分泌量でも変化

デリケートゾーンは、生理やオリモノなどの影響もあり、蒸れやかぶれが起きやすい繊細な部分です。経血そのものが臭うことはありませんが、ナプキンをつけっぱなしの状態でいると蒸れてしまって雑菌が繁殖することがあり、それが原因で生臭いようなニオイが発生することがあります。

また、オリモノは月経周期や女性ホルモンの分泌量、体調によって形状やにおい、量が変化するので、ふだんから自分のオリモノの状態をしっかり把握しておく必要があります。通常はそれほど臭うことはありませんが、量が多いときなどに蒸れて臭いが現れてしまうこともあります。

感染症や疾患の可能性も

他には、感染症などの疾患によって臭いのあるオリモノが出るケースも考えられます。通常の状態を把握しておき、「いつもと違うな」と分かれば対策を練ることができますし、疾患の有無もある程度は判断することが可能です。また、性感染症や婦人科系の疾患を患うと、オリモノの量が増えたり、色が変わったり、強いにおいが発生することがあります。

性交渉で感染する病気だけではなく、免疫力が落ちたときに発症するものもありますし、デリケートゾーンがかぶれた状態に病名がついている場合もあります。これらの疾患は決して珍しいものではなく、清潔にしていても患ってしまう場合があるので、恥ずかしがることはありません。さらに、オリモノや疾患だけでなく、妊娠中などの体調の変化やすそワキガなど体質によっても、デリケートゾーンが臭いやすくなってしまう場合があります。ここではにおいの原因と予防方法や対策について、症状別に紹介していきます。